おなか端麗の成分チェック

便秘を解消してくれるサプリメントとして、おなか端麗はとても人気が高いようです。

どれほど人気が高いかというと、おなか端麗の売上累計が200万包を突破したほど。

 

おなか端麗は、厚生労働省が認可し、製薬会社の専門家たちによって開発されたということも、信頼感があり、人気の秘密と言えそうです。

 

また、おなか端麗を試してみた感想を見てみると、便秘に対して非常に高い効果を発揮してくれそうだと感じられます。

 

でも、どうしておなか端麗はそんなにも高い効果が出せるのでしょうか。

それは、やはりおなか端麗に含まれる成分に理由があるようです。

 

おなか端麗の成分についてご説明しましょう。

 

○プランタゴオバタ

配合量は1,100㎎。主成分と言えるでしょう。

 

聞き慣れない名前ですが、このプランタゴオバタというのは、オオバコの一種である植物で、90%が食物繊維でできているというのが特徴なのです。

 

食物繊維が豊富な野菜といえば、ゴボウが筆頭に挙げられますが、そのゴボウの約25倍という含有量なのです。

 

ご存知の通り、食物繊維は便秘解消に欠かせない成分です。

それに加えて食物繊維は吸水性に富んでおり、お腹の中で膨らんで、満腹感を得ることが出るそうです。

 

つまり、ダイエット効果もあるということなのです。

おなか端麗を続けると、ダイエットもできるなんてうれしいですね!

 

○タイソウ

37.5㎎含まれている成分です。

胃腸の働きを整えてくれる効果をもつもので、漢方薬に使われることも多いとか。

また、脂肪を燃焼させてくれるといううれしい効果もあり、こちらもダイエット効果が期待できそうです。

 

○パントテン酸

7.5㎎配合されています。

このパントテン酸も、整腸作用があるそうです。

また、アレルギー症状を抑える効果もあり、花粉症やアトピー性皮膚炎にも有効に働きます。

 

 

こうしておなか端麗の成分を調べてみて感じたことは、腸が正常に働くと、体の様々な不調が改善されるのだな、ということです。

 

おなかの中から健康になれるおなか端麗、ぜひとも試してみたいですね。